子供が薬を飲まないで吐いた。改めて飲まない理由を挙げる【体験談】

f:id:two-world:20191129222916j:image

出典:https://pixabay.com/ja/

 

子供に薬を何とか飲ませようと、あれこれ試行錯誤しますが、それでも子供は飲んでくれません。

 

【体験談】

やっと少し飲んでくれたと思いきや、飲んだ薬を全て吐く。子供も親も頑張った結果がこれ。なんだかむなしくなりました。

 

子供だって言い分や理由があり、そもそも薬を飲まない理由と私自身も娘が薬を全然飲んでくれなかったので、体験談も踏まえまとめます。

 

↓いや、そもそも飲ませる工夫とかが知りたいという方は以下をご参考いただければと思います。

 

本記事を記載する際に以下サイトを参考にしました。合わせてご参考いただければと思います。

お薬の飲ませ方 - 和歌山市 の小児科 生馬(いこま)医院|小児科

 

 

薬を飲まない子供は物事をちょっと理解し始めた1歳前後から 

 

赤ちゃんは薬を嫌がらず飲んでくれる場合がある

 

6、7か月頃までは特に何も考えず薬を飲んでくれる場合がある。多少無理やり飲ませても覚えていないことが多いです。

 

1歳前後あたりより物事を理解してくる

 

一度苦い薬を飲み、覚えていたり、ゼリーなどに混ぜているのを見越して飲まないという場合もあります。

 

年齢に応じた特性を知っておく

 

子供の年齢に応じて味覚の発達具合、自我や服薬行動が変わってきます。頭の片隅にあると参考になるかと思います。


f:id:two-world:20191129185633j:image

引用:http://www.ikomaiin.com/index.php?%E3%81%8A%E8%96%AC%E3%81%AE%E9%A3%B2%E3%81%BE%E3%81%9B%E6%96%B9

 

薬を飲まない理由

 

・苦い(まずい) から

・飲む気分でないから(病気でしんどいから)

・飲む理由がないから

・飲まそうとする親の姿勢に反抗して

・食後でおなかいっぱいだから

・薬を飲ませる人が嫌だ

 

苦い(まずい) から

 

   薬は味がまずい(苦い)から飲みません。子供は果物やジュースなどの甘いものが好きですが、苦いものが好きという子供はほとんどいません。

 

  それに加えて、子供が体調が悪く食欲もない中で苦いものなど飲みたい訳がありません。

 

【体験談】

⇒私の娘の場合もこれが理由で苦いから飲まないと泣きわめいて嫌がりました。

「苦いの嫌だ!!」と。そうですよね。。

 

飲む気分ではないから

 

   体調が悪いと大人でも食欲がなかったり、動きたくなかったり、本調子でないことがあります。そんな中で薬を飲むという気分にはなかなかならないものです。

   そして、苦く(まずい)と感じてるものをわざわざ飲もうと思わないですよね。

 

飲む理由がないから

 

   これは飲む気分でないからにも関連しますが、子供にとって薬を飲む理由はないです。これを飲めば体が楽になるとか。病気が良くなるとかを理解していればよいですが、小さい子供はなかなか理解できないです。

 

 2、3歳になると徐々に物事を理解し始めますが、頭の理解より体調不良などによる不快から飲みたくないという感情が先行して飲まない場合もあります。

 

 これを飲んだら体が楽になるとか、熱が下がるとかを理解できる年齢にならないと「飲む」という理由にならないものです。

 

飲まそうとする親の姿勢に反抗して

 

  親が薬を飲まないので、強引に飲ませようとするとそれに反抗して気分を害して飲まないという意思を示します。

 子供にも飲みたくない理由があるので、親の飲ませる姿勢に反抗して飲みたくなくなります。

 

【体験談】

⇒親自身も飲まないとなるとなんとか飲ませないと、という気持ちになりますから、こうなるのは仕方ないですよね。私自身もなんとか飲ませないと!!という気持ちです。これはおそらく娘にも伝わってます。

 

食後でおなかいっぱいだから

 

  おなかいっぱいであれば、食べたくないと同じように薬も飲む理由はないはずです。

  熱があったり体調不良だと食欲もない場合が多いですが、おなかいっぱいであれば飲みたくないものです。

 

薬を飲ませる人が嫌だ

 

  子供からしたら普段世話をしている、信頼している人に飲ませてももらいたいところですが、仕事の事情などでほかの人が看病する場合などに飲みたくないというものです。

 

逆に甘えたがり親だと飲まなく、ほかの人だと我慢して飲む場合もありますが、病気なので子供にいろいろストレスは与えたくないので普段世話をしている方が飲ませてあげたい気もします。

 

いろいろな理由が混ざりあい飲みたくない

 

  苦いし、病気でしんどいし、飲む理由がわからないし、というさまざまな理由が重なり合い飲まないのが大概です。

  そして、体の調子が悪いのですから、飲むという意思にはなかなかなってくれません。

 

【体験談】

娘の場合も苦いに加え、食欲もほとんどなく、体調も悪くいろいろな要素が混ざり薬を飲みたくないという気分だったと思います。

 

↓合わせて読みたい記事 娘が3日間の高熱際に薬をのませるのに奮闘しました。

 

www.two-world.work