軽減税率で変わる!子持ちによかったお持ち帰りの魅力。

f:id:two-world:20191004072037j:image

いままで利用していたお持ち帰りや店内飲食。

増税後にちょっと面倒になりそうで、子持ちながらの利用方法もやりにくくなると思慮しています。

値上げはやむを得ないと思いますが増税後も店内価格と持ち帰り価格が同一であることの魅力とその理由を記載いたします。

食料品の税率が持ち帰りと店内飲食で異なる

 

消費税増税後こんなやり取りが出てくるかと思います。

 

お持ち帰りですか?
それとも店内でしょうか?

 

と聞かれることです。
それは、持ち帰りの場合は消費税8%
店内の場合は消費税10%になり税率がそれぞれ異なるからです。

つまり持ち帰りとしたほうが2%お得になります。
そして税率が異なることでどのようなことが起こるか。それは。

お店にとって面倒になる

お店側からすれば、持ち帰りとしようが、店内飲食としようが利益が2%上がる話ではないので、お客さんが答えたほうを尊重するはずです。

 

モラルのお話かもしれませんが、仮にお客さんが持ち帰りと答え店内飲食をしていた場合も考えられます。これはお店側にとってはちょっと面倒な話です。

 

お客様!店内飲食の場合は10%になります

 

と伝え10%の税率で支払ってもらってもお店側の利益が上がる訳ではありません。

 

むしろこの場合はお客さんが申告している内容と相違しているので、当然お客さんが悪いのですが、逆ギレされたりとお店側としてはお客さんとのトラブルを避けたいのが事実であります。

 

またほかのお客さんから、

 

あの客は持ち帰りのはずなのに店内で飲食してる

 

と言われればお店側としても対応せざるを得ません。

10%の税率で支払ってもらってもお店側の特にメリットはない

お店としては対応してお客さんに10%分の税率を支払ってもらっても利益が上がる話ではなく、特にメリットはないのです。

 

また、税率が8%、10%と異なるので、料金計算のシステム改修も必要になります。
先日税率の計算ミスで免税になってしまいお詫びするというニュースがありましたが、当然不具合のないようにシステム改修も行う必要があります。

 

軽減税率は消費者にとって嬉しいことですが税率が8%、10%異なるのはお店としてちょっと面倒な話もあります。

子持ちにある面倒な話

さて、父親としての観点で記載しますと子持ちにとって(他にもありますが)面倒な話もあります。

 

カフェやファーストフードでの持ち帰り

子育てに追われている父親、母親にとって、落ち着きたいと思う方は多いはず。ちょっと落ち着きたいとカフェに行きます。

しかしながら子どもにとって長いすると飽きてしまいます。
子どもが寝ていれば長いできますがそれはタイミングによります。

飽きやすい子どもがいる場合に魅力的なテイクアウト

そのため私自身が重宝して利用していた方法が、
持ち帰りと注文をして店内で飲食することです。

こうすると子どもが限界になると、持ち帰り用の容器のため飲みかけのコーヒーを持ちお店を出ることができます。

以前はこのようにお持ち帰りは店内でも利用でき、食べ掛け、飲みかけは持ち帰ることで残りの分を飲食することができました。

増税後の10月以降からお客側も面倒に

2019年10月からは、お店側に店内で食べると言い持ち帰りできる容器でお願いするという形になってくると思います。


ほかのお客さんからの視線。

持ち帰りなのに店内で食べてるわ~

という視線があると思います。

 

視線ならまだよいですが、ちゃんと10%分の税率を払っても、ほかのお客さんにイチャモンをつけられると面倒な話です。

そのためこういったことを避けるには、はじめからお持ち帰りといい店内で食べないことがベターかもしれません。そうすれば税率も8%でお得です。

しかし、店内で落ち着き子どもが飽きたら持ち帰るという利用方法がやりづらくなります。

カフェやファーストフードはそういったことができたのが魅力の一つです。

面倒になるならお金がかかるし、はじめから行かないというのがよいかもしれません。

お持ち帰り価格と店内価格が同一の魅力

お店側とお客さん側双方にとって税率が異なると面倒なことがありますが、税率を分けずに持ち帰りと店内と価格で同一にする企業もあります。
(印象としましては実質的に店内価格を2%値下げする企業が多い印象であります。)

 

これはお客側(店員)もお店側も面倒さがなくなり魅力的で、お持ち帰りをしやすいカフェやファーストフードは店内とお持ち帰りで同一価格であれば税率が異なることによる面倒さがなくなり利用しやすくなります。

 

価格設定が難しい点がありますが、同一価格による利用のしやすさで、カフェやファーストフードのお持ち帰りの魅力を引き出していただきたいものです。

 

以上筆者の思ってることです。
最後までお読みいただきありがとうございました。