在宅勤務でも手軽に運動不足解消するには?

コロナウイルスにより在宅勤務に移行し数ヶ月が経過しました。

 コロナ前では在宅勤務は不可能と思っておりましたが、急遽在宅勤務の整備が行われ在宅勤務が可能となりました。

在宅勤務を行ってだんだん気になってきたことが、、

 

それは1日に歩く歩数が減ってきたことです。

 

これまでの出勤では通勤時間で1時間少々かかっており、スマホアプリでの歩数計測ではなんだかんだで、1日8000歩は歩いていました。

 

ときには1万歩を超えることも。

 

これは、勤務先の最寄り駅から勤務先までシャトルバスがあるのですが、季節がよいときはバスを使わず歩いていたこともあり、意外と歩いていました。

 

また、打ち合わせの会議で会議室の移動。

 

これも意外と歩いていたようです。

 

今となっては会議室は極力使用しないよう指示があり、これも変化してきました。

 

さて、在宅勤務では1日家にいることもあり、1日で1000歩もいかないこともしばしばです。

 

何かで記憶があるのですが、1日8000歩は歩いたほうがよいとか。

 

失った筋肉を戻すのも結構大変だったり。

 

そこで、

 

これを解消するべく、

 

在宅でできる運動とは

 

それはステッパーです。

 

これであればあまり音をたてずにその場で運動ができます。

 

業務開始前やお昼休憩でちょこちょこ運動しています。

意外とやってみると10分少々で汗をかきます。

 

ステッパーの種類によっては、普段使わない筋肉を動かし筋力アップに。

 

ステッパーのメリットは、ながらでできることです。

 

テレビを見ながらであったり、何かを聞きながらなど。

 

仕事の打ち合わせも座っているだけだと、結構眠くなったりします。

説明を聞く打ち合わせもあったりするので、そのときは、イアホンで電話会議に参加しながらステッパー。(顔出しでは不可能ですが)もできます。

 

運動しながらのほうが眠気も覚め、集中できたりします。個人的には一石二鳥です。

 

また、眠くなりそうなときも少しステッパーでリフレッシュすると眠気が覚めます。

 

在宅での運動を

 

今年の7月は梅雨が明けずでしたが、8月となり一気に真夏へ、、

 

連日の猛暑により熱中症リスク

 

コロナリスクに加え、熱中症リスクもあり、

在宅での運動が必要に感じています。

 

ステッパーは在宅での運動を可能にでき、いまとなっては重宝しております。

 

↓ ステッパーについての更なるメリットはこちら

www.two-world.work